トップ > 小児矯正(口腔育成) > 床矯正装置(SPE)

Q&A
インプラント
審美歯科
矯正歯科
アマルガム
歯の銀行
資料プレゼント
インプラント、矯正など様々な資料を取り扱っています。

床矯正装置(SPE)

乳歯列~混合歯列期(全ての歯が永久歯になるまで)に使用します。

上の顎は2枚の骨からできていて、子供はくっついていないので、それを利用してネジで少しずつ拡げていきます。
標準的には、4週間(1ヶ月)で1mm拡げていきます。

使用法

食事とブラッシング以外、装着します。
※もし、学校ではしたくない時は夜、自宅のみでの装着になり拡大量も少しにします。8週間(2ヶ月)で1mm拡げます。

価格 1装置………80,000円 (税込)
調整料………3,000円 (税込)1回 ※月に1回程度
※上限:300,000円
  • 装着時間の長さ・成長の度合・症状により治療期間が異なります。
  • 顎の成長の程度、歯のはえかたにより、極力、修理して変えていきますが、顎の成長度合いが早く、合わなくなった時は、新製作する必要がでてくることがあります。但し、矯正第1期治療の全額(300,000円)を超えることはありません。
  • 口腔育成(矯正第1期治療・床矯正)だけで全ての場合が正常な永久歯列になるわけではありません。
床矯正装置(SPE)

2/3 ⇒正しい永久歯列へ

1/3 ⇒不正咬合の程度は軽減しますが、矯正第2期治療が必要になります。この場合、矯正第2期治療費(\600,000)から調整料を除いた今までお支払い頂いた治療費は差し引かせていただきます。

更に詳しい内容をご希望の方は、カウンセリングの時間をお取りしますのでご相談ください。 無料メール相談(お問い合わせ) TEL.0120-374-030

▲このページの上部へ