トップ > インプラント > インプラントに対する考え

Q&A
インプラント
審美歯科
矯正歯科
アマルガム
歯の銀行
資料プレゼント
インプラント、矯正など様々な資料を取り扱っています。

インプラントに対する考え

私のインプラントに対する考え

滝澤 聡明

医療法人社団 明敬会 理事長
歯学博士 滝澤 聡明 (たきざわ としあき)

今まで診療をしてきて、失った歯を補う治療法であるブリッジや部分入れ歯の場合、支えとなる歯の寿命が短くなるのを数多く見てきました。本来、歯は親知らずを抜いて上14本、下14本の歯で咬むのですが、残っている歯の本数が少ない場合ほど、ブリッジや部分入れ歯の支えとなる歯に負担がかかり、ダメになる確率が高く、また新たに大きいブリッジや部分入れ歯を作りなおすという悪循環を繰り返し、総入れ歯へ近づいていきます。

現在残った歯を犠牲にしないで、失った歯を補う治療法は残念ながらインプラントしかありません。

今、インプラント治療を希望する人は今までブリッジや部分入れ歯で支えとなる歯がダメになった経験のある人や、異物感・痛みで苦労してきた人、そして隣の歯を削ったり、神経を抜くのに抵抗のある方です。

こういった人達が年々増加し、それに伴いインプラント治療が増え、進化してきました。

インプラントは本当によく咬め、違和感もほとんどありません。入れ歯のようなわずらわしさもありません。

咬む力が回復すると、若々しくなり、食生活・人生が変わります。皆さま笑顔になられます。その時が歯科医として最も喜ばしい時であります。

インプラントの手術も麻酔さえ効いてしまえば痛みもありません。
唯一の欠点をあげるなら、保険が効かない点です。

どうか皆さまもご自分の大切な歯を安易に削らないでください。

歯に関してどんな些細なことでもお気軽にご相談ください。きっと、良いアドバイスができると思います。

更に詳しい内容をご希望の方は、カウンセリングの時間をお取りしますのでご相談ください。 無料メール相談(お問い合わせ) TEL.0120-374-030

▲このページの上部へ