トップ > 新しい治療法 > ヒアルロン酸注入療法

Q&A
インプラント
審美歯科
矯正歯科
アマルガム
歯の銀行
資料プレゼント
インプラント、矯正など様々な資料を取り扱っています。

ヒアルロン酸注入療法

ヒアルロン酸注入 注射式シワ治療

口元のシワを改善し、マイナス5歳肌へ
「安全・無痛・確実なヒアルロン酸注射注入療法をよく理解するために」

当院のヒアルロン酸注入療法

シワ改善用ヒアルロン酸 歯科用ヒアルロン酸
シワ改善用ヒアルロン酸(スイス製) 世界初 歯科用ヒアルロン酸(ドイツ製)
(乳頭・歯肉保護・インプラント補助剤・抗炎症作用)



POINT① 無痛への配慮

ペンレスシール美容外科で多く使用されている、顔に直接塗る麻酔・ 麻酔シール
(ペンレスシール)は麻酔効果は弱い。

歯科では口元周囲の神経の走行を熟知していますので、
お口の中から表面麻酔を数分効かせた後、
電動麻酔器・体温まで温めた麻酔液・極細の針を使い、
手間をかけて、麻酔をしっかり効かせてから注入しますので、
麻酔も注入も限りなく痛みはありません。




POINT② 安全・確実なヒアルロン酸を使用

テオシアル世界トップ3の販売数で2008年に年間最優秀注入剤賞を受賞した
高品質で安全性の高いヒアルロン酸注入剤スイス製の「テオシアル」を使用しています。

現在販売されているヒアルロン酸の中で、最高濃度25mg/mlなので、
高い治療効果が期待できる製品です。

安いヒアルロン酸は不純物が入っている可能性が高い
と言われているので、使用は控えたほうが賢明です。




POINT③ 感染防止のため、患者様1人に1本単位で使用

感染防止当たり前なのですが、コストを抑えるために?
実際、そうでない医院もあるといわれています。

当院では、シリンジに残ったヒアルロン酸を他の患者様に
使い回すことは絶対ありませんので、ご安心ください。

患者さんの前で、新品を開封するところを確認して頂きます。
当然注射針も患者様ごとに使い捨てなのでご安心ください




POINT④ メーカー公認の技術研修修了

技術研修修了ヒアルロン酸注入療法のメーカー公認の技術研修のトレーニングを
しっかり積んだ歯科医師が担当いたします。



ヒアルロン酸の効果

  • シワの改善
  • お肌のハリ・ツヤの改善
  • お肌の弾力強化
  • 顔色の改善
  • 保水性が高いため水分補給
  • 細胞の活性化


ヒアルロン酸とは

  • もともと、人の生体内に分布し、存在している成分なので安全
  • 皮膚や関節、へその緒、目(硝子体)、などにあるゼリー状の組織液
  • 1グラムで6リットルの水分を蓄えられる高い保水力、潤い、弾力性に影響する
  • 年齢とともに減少→肌の乾燥の原因、つや、はりの減少、関節の痛み
  • 0~20歳を100%として、60歳代には20~25%まで減少


ヒアルロン酸注射剤の種類

ヒアルロン酸注射剤の種類


ヒアルロン酸の歴史

ヒアルロン酸の歴史


当院での注入部位

ペンレスシール①ホウレイ線(鼻唇溝)
②口角(マリオネットライン)
③唇
④口元のしわ
⑤あご・歯肉



カウンセリング後の流れ

カウンセリング後の流れ 刺入部位のメイクをふきとり
写真撮影:レントゲン室デンタル用・(正面・右側方・左側方):5分
カウンセリング後の流れ ペンシルで注入部位に印:5分
カウンセリング後の流れ 表面麻酔後 :3分
浸麻上左右3番1.8ml (0.9ずつ) :10分
下左右345番1.8ml (0.9ずつ) :10分
※これでも口角は効きずらいので、直接追加します
カウンセリング後の流れ 滅菌グローブに変える
針を装着し、空気を抜きます
カウンセリング後の流れ DEEP LINE 1ml(深いしわ)
Global Action 1ml
First Lines 0.7mlを片側に注射、
揉み解し形を修正:左右10~15分×2

デザイン

シワ改善用ヒアルロン酸 歯科用ヒアルロン酸
デザインペンで処置前に注入部位をデザイン 術直後


正面

正面術前 正面術直後
術前
表面麻酔後、
上:左右犬歯に各0.9ml
下:左右オトガイ神経に
  各0.9ml 浸潤麻酔
術直後
(ヒアルロン酸:TEOSYAL)
左右合計 5.4ml 注入
     3種類の粒子のヒアルロン酸を使用 


左側方

左側方術前 左側方術直後
術前 術直後(ヒアルロン酸:TEOSYAL)
左: First Lines 0.7ml ×1本
   Global Action 1ml × 1本
   Deep Lines 1ml × 1本


右側方

右側方術前 右側方術直後
術前 術直後(ヒアルロン酸:TEOSYAL)
右: First Lines 0.7ml ×1本
Global Action 1ml×1本
Deep Lines 1ml×1本

当日用意していただくもの

  • メイク道具


費用

「初回の1本 お試し価格 半額」
  • 1回目   1本 1ml(cc) ¥15,000 *first lineのみ0.7ml(cc)
  • 2回目以降  1本 1ml(cc) ¥30,000 *first lineのみ0.7ml(cc)


ヒアルロン酸の使用量と持続効果

使用量

鼻唇溝
(ほうれい線)両側
1~3cc
口元 1cc
あご 1~2cc
唇を厚く 0.5~1cc

※しわの深さ・年齢・審美的希望により使用量には個人差があります。
数値はあくまでも平均値になります。


持続効果

注入後すぐ効果が表れ、6~12か月間持続します。
※ヒアルロン酸が吸収された後、さらに効果を持続するには、追加の治療が必要になります。



施術前に知っておきたい ヒアルロン酸注射注入の注意事項(個人差あり)

注射刺入点

程度・部位で異なりますが、左右で最低5~6ヵ所で、針跡が赤い点として2~3日残ります。

内出血

注入圧のかかりやすい硬い種類・注入量・刺入回数にも影響される注射による施術のため、
内出血が起きる場合があり、消失までに1~3週間程度かかります。

*出血斑は当日より翌日でやすく、赤色→紫色→黄色に変化し→徐々に消失します。

マッサージ

出血がでやすくなりますので、数日間マッサージは控えて下さい。

施術時期

結婚式・同窓会などのイベントがある場合写真撮影する日の1か月前までに注射してください。

腫れ・熱感

帰宅後、注入部位が腫れていたり、熱さを感じたりした場合は、患部を冷却してください。

鈍痛

注入後、2~3日残ることがあります。

消毒後の皮膚の赤み

数時間で消失しますが、過去にかぶれたことのある方は事前にお申し出ください

お化粧

注入直後から可能です。化粧水などを多めに与え乾燥から肌を守り、
しわをよせつけないようにしましょう。

膨張

ヒアルロン酸は保湿成分のため、体内に入ると周囲の水分を吸収しますので、 翌日以降のほうが、膨張してきます。
また、注入したヒアルロン酸の種類により、皮膚へのなじみに個人差があります。
膨らんだ感じが気になるようでしたら、指の腹で少し強めに患部のマッサージをしてください。(内出血時は除く)

翌日の消毒

状態の確認(写真撮影)と消毒を翌実行います。症状がある時は、また数日後に来院していただきます。



担当歯科医

医療法人社団 明敬会
理事長 滝澤聡明
ヒアルロン酸メーカー公認 修了証
滝澤聡明 ヒアルロン酸メーカー公認
修了証


更に詳しい内容をご希望の方は、カウンセリングの時間をお取りしますのでご相談ください。 無料メール相談(お問い合わせ) TEL.0120-374-030

▲このページの上部へ