トップ > 小児歯科 > 当院の小児治療の考え方

Q&A
インプラント
審美歯科
矯正歯科
アマルガム
歯の銀行
資料プレゼント
インプラント、矯正など様々な資料を取り扱っています。

当院の小児治療の考え方

大人と異なる点

  • アレルギーのお子様が増加している。
  • 歯科恐怖症になりやすい。
  • 唾液が多く滑りやすく、動くことが多いため誤飲などしやすい。
  • 集中できる時間が短く、動きやすいため、口の中を傷つける恐れがある。
  • 歯が柔らかいため、摩耗しやすく、つめたところがはずれやすい。
  • 神経が大きいため菌が到達しやすく、神経が炎症おこし、さらに、進むと神経が死んで膿の出口をつくりやすい。
  • 本当の痛みの程度、場所がわかりにくい。
  • 体が成長しているため、変化が早いので、早めの定期チェックが必要

以上の理由から当院では、歯以外のリスクを考慮し、極力、最小限の治療に止める考えでおこなっています。
具体的には、以下のようにしています。

乳歯抜歯

自然脱落を第一選択とし、後続の永久歯の邪魔な時は抜歯を検討していただいています。
膿の出口がある時・生え換わりが近い時は根の治療はせずに、定期チェックし、時期をみて、抜歯するか、自然脱落を待ちます。乳歯の根の吸収があまりすすんでいない時は、神経の処置をするか検討していただいています。

虫歯が大きく神経まで到達している可能性がある時

極力、神経を保存する薬を置き、様子をみます。
多少しみる位なら保存しますが、痛みが強い時は、神経の処置を検討していただいています。
神経の処置がスムースにいかない時は、神経を殺すお薬を使わせていただきます。

神経に到達していない虫歯

深い時は、全部虫歯の層をとるのではなく、一部残し、薬でその層を除菌して、埋めます。
この方法が最新で、神経を保存できる可能性が高いのですが、つめたものがとれやすい欠点があるので、定期的なチェツクは欠かせません。つめるものは、誤飲時に危険性の低い金属でない樹脂を第一選択にしています。

当院の小児治療の考え方

「ご両親・ご家族の方へ」

実際、治療を受けるお子様の心の準備ができていない状態で、治療を無理にすると歯科治療に対して恐怖・不信感につながり、虫歯等の症状が軽度な時に来院できず、結果的にお口の中が良い状態に保てないことが多々ありますので、注意が必要です。

お忙しい中、お子様を何度も来院させるのは、大変でしょうが、小児の治療は「慣れさせ、恐怖感を取り除き、信頼してもらう期間」が必要です。

また、大人の治療とは違い治療が予定通り進まないことや、本来やらなければいけない治療ができず、早めの定期的なチェックで経過観察とさせていただくこともありますことを、ご了承ください。

更に詳しい内容をご希望の方は、カウンセリングの時間をお取りしますのでご相談ください。 無料メール相談(お問い合わせ) TEL.0120-374-030

▲このページの上部へ